• ホーム
  •  > 八ヶ岳地ビールタッチダウン醸造長山田一巳の熱い思い

八ヶ岳地ビールタッチダウン醸造長山田一巳の熱い思い

経験のすべてを注ぎこみ、清里の地で夢をつくりあげた人。

八ヶ岳ブルワリーの醸造長、山田一巳さんは、キリンにて「一番搾り」や「ハートランド」の醸造開発責任者を担当した人物。
大手が分業化、機械化していく波で、開発から醸造までを一手に把握している、
日本に4人しかいないといわれる凄腕ビール職人のうちの一人。誰もが認める日本最高のビール造りの匠です。

品質を最上にするため、生ビールとして出荷しています。キリンでやり残したことはない、と思っていた山田さんに、
「ぜひここに来て山田さんのビールをつくって欲しい」とラブコールを送ったのが、
八ヶ岳南麓、 清里のリゾートエリア「萌木の村」の村長、舩木上次さん。

上次さんと同じくアメリカンフットボール協会の会員だった
スズキインターナショナの社長鈴木智之さんに、地ビールをつくりたいと相談したところ、
「凄いマイスターがいる」と山田一巳さんを紹介してもらったのでした。

「清里に夢をつくりに来た」

山田さんはキリンを退職後、
清里開拓の父、ポール・ラッシュ博士とことん自分がうまいと思うビールを追求してみよう
40年以上にわたる豊富な経験のすべてを注ぎこんで、
一から清里でビールづくりに励むことになったのです。

ちなみに上次さんが昔から慕ってきた
清里開拓の父、ポール・ラッシュ博士は
アメリカンフットボールを日本に最初に導入した人物。
今回の縁もアメリカンフットボールに関係して繋がったことから、
地ビールの名前は「タッチダウン」に決定しました。

ビールづくりに最適な八ヶ岳の天然水に恵まれて。

天然水は、日本ではめずらしいミネラルの豊富な硬水ここ山梨県北杜市周辺エリアには、10箇所以上の湧水があり、
そのおいしさには地元の人々や観光客から定評があります。

中でも標高約1280mに位置する「萌木の村」周辺の
地下160mからボーリングして汲み上げる天然水は、
日本ではめずらしいミネラルの豊富な硬水。

この澄んだ天然水が、ビールづくりに最適だったのです。

ミネラルバランスが良いばかりか、物理的・科学的な
醸造用水処理をせずともそのまま使用することができます。

「水が命」といわれるビール醸造にとって、
この地は本当に恵まれた環境でした。

醸造装置には、本場ドイツのヤコブカール製のプラントを輸入目指すのは”10人が飲んで10人ともそこそこのビールより、
そのうちの3人が「感動した!」といってくれるビール”。

山田さんは、マイクロブルワリーの本場ドイツへ視察に行き、個性的な醸造所を巡るなどして、
日本人の口に合うビールを八ヶ岳ブルワリー(ビール工場)で生み出すためのヒントを探しました。

自分が本当にうまいと感じるビール、そして万人に合わせなくとも、
誰かを感動させられるビールをつくりたい、そんな熱い思いで、設備や素材選びからこだわります。

醸造装置には、本場ドイツのヤコブカール製のプラントを輸入。

そして、山田さんの豊富な経験を生かして、各国から麦芽やホップを厳選。
ビールの味や香りの個性を生みだす酵母には、扱いが難しく門外不出と言われた
醸造装置には、本場ドイツのヤコブカール製のプラントを輸入ドイツのミュンヘン工科大学ヴァイヘンシュテファン醸造研究所の
優秀な生酵母を空輸することとなりました。 こだわりの原料と製法


「ビールは生き物。
つくり手の姿勢が正直に表れる酒です」

夢の地ビールづくりにかける、山田さんの真剣勝負が続きます。
特に大切にしているのは、「酵母の自然な力を引き出すこと」。

山田さん「ビールは生き物」と山田さんは言い、発酵中の生酵母に声をかけて対話。
丹念に仕込みを行い、ビールが自然に熟成していくのをじっくり待ちます。

豊富な経験からくる智慧と繊細な技術、ビールづくりを心から楽しむ姿勢は山田さんだからこそ。

醸造場を建設した際、ドイツからミュンヘン工科大学で醸造を修めたマイスターが来るも、

「山田さんには教えることは何もない」
「こんな人を街は誇りに思い、大切にすべきだ」

と話したそうです。
プレミアム ロック・ボック」がWBAボック部門アジア金K1997年の夏、ついに山田さんの情熱が実を結び、八ヶ岳にそよぐ風のように爽やかな飲み口の
香りと風味がよくて雑味のまったくない「八ヶ岳地ビールタッチダウン」が誕生しました。

八ヶ岳ブルワリー併設のレストラン萌木の村ブルーパブレストランROCKでは、出来たての
八ヶ岳地ビールタッチダウンが提供され、地元の人や観光客の方々に愛されています。感想

八ヶ岳地ビールタッチダウンは、濾過も熱処理の工程を経ないために、
瓶詰してもまだ生きた酵母が入っている”生ビール”であり、工場から各地へと配送して、
当サイトを通じても多くの方に喜んで頂いています。品質を保つ配送方法

そして発売から10年目を向かえる2006年に、八ヶ岳地ビールタッチダウン
「デュンケル」と「プレミアム ロック・ボック」は日本一を獲得しました。

山田さんの匠の精神を受け継ぐ若き醸造者”カズミボーイズ”たちも育っていき、
更なる受賞もいただいています。

2014年、「プレミアム ロック・ボック」がWBAボック部門アジア金賞を受賞。
山田さんが当初思い描いていた「誰かを感動させるビール」は、
ついに「世界に認められたビール」になったのでした。

この栄誉を受け、これからさらに多くの方にご愛飲いただきたいと、
森の中の小さなブルワリーで、一流のビールづくりに情熱が注がれています。


山田一巳の熱い思いを受け継ぐ醸造者”カズミボーイズ”

中村和彦中村和彦
1968年生まれ、山梨県上野原市出身。
1997年萌木の村(株)醸造部に入社。
八ヶ岳ブルワリー創設からのビール職人。八ヶ岳地ビールタッチダウンの誕生から現在までの全ての仕込みに携わっている。ビール醸造の全てを師である山田一巳から受け継いだ一番弟子。山田と共につくり上げたビールの味を忠実に守り続けている。
松岡風人松岡風人
1983年生まれ、広島県府中市出身。
ビール職人を目指し、東京農業大学の醸造学部で学び、2008年に萌木の村(株)に入社。山田と中村からビールづくりを学び、八ヶ岳ブルワリーの職人となる。新しいビールづくりにも積極的に取り組み、自分のビールをつくることが夢。ブログ


※20歳未満の飲酒は法律により禁じられております。 未成年者への酒類販売、通信販売は固くお断りしております。



配送・送料について

【ヤマト運輸 クール便】
配送料は、基本的に1回のお買い物でお届け先が同じ場合、商品3セットまでのご注文は全国一律1,060円(税込)です。
一部商品について等詳細はこちら。)

お申し込み受付日より1日〜1週間後のお届けとなります。 お届け日のご指定がある場合は、4日前までにご注文下さい。
恐れ入りますが、領収書の発行はしておりませんので予めご了承下さい。

支払い方法について

【クレジット決済】

各種クレジットカード(JCB・VISA・DINERS・AMEX・MASTER)にてオンラインクレジット決済をご利用いただけます。 
【商品代引】
代引手数料は一律324円(税込)です。(基本的に本人様宛以外の代引の適用はご遠慮させていただいております。) 

マイアカウント

カートを見る

※20歳未満の飲酒は法律により
禁じられております。
未成年者への酒類販売、通信販売は
固くお断りしております。

モバイルショップ

ビール醸造者のブログ

「あぁ、ビール飲みたいわ」


萌木の村LINK

萌木の村  ブルーパブレストランROCK  萌木の村ホテル ハット・ウォールデン